2016.12.05

ゴルフ美人インタビューVol.18 梅田実沙さん


ゴルフを始めて1年半の中で、なんと3週間で30もスコアアップしたこともあるというのが今回のゴルフ美人としてご出演していただいた、日本で通われていたスクールのHPモデルも務めていらっしゃる梅田実沙さん。

 

現在はタイに在住して1年とのことで、日本とタイのゴルフ場の違いや、これまでに習い事で極めたクラシックバレエとゴルフの共通点を教えてくださいました!

 

「タイのゴルフ場ってどんな雰囲気?」

「私もクラシックバレエならやっていたけど…」

という人は知りたいことが満載かもしれません。梅田さんならではのお話を、ぜひご一読ください。

 

%e9%a1%94%e5%86%99%e7%9c%9f

 

 

魅力を知りたかったので始めたゴルフ。4ヶ月続けてコースデビュー!

%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3

 

ゴルフを始めたのは1年半前です。きっかけは、ある一定期間に「ゴルフをしていないの?」と数名に聞かれることがありました。その度に「どのようなところがそんなに面白いのですか?」と質問をすると、いただくお返事が「とにかく面白いんだよ!」「終わった後のビールが美味しくなる」といった回答が多く、何が面白いのかよくわからなかったのですよね(笑)

 

けれどそのよくわからないところに興味を持ち、何人もの知人を惹きつけているゴルフの魅力って何なんだろう…と思い、まずは今回のインタビューをご紹介してくださったWITH GOLF STUDIOの橋本先生のゴルフスクールの体験レッスンに通ってみました。

 

実際に行ってみると1時間の体験レッスンで、つい1時間前にできなかったことが初日と思えないくらいできていたし、先生のお人柄や説明のわかりやすさも良く、楽しかったので入会を決めました。ゴルフスクールで月2回習い、打ちっぱなしに週1回行くことを約4ヶ月間続け、コースデビューしました。

 

 

頭で考えるのではなく自然とできるようになるまで極める

%e5%ae%b6%e3%81%ae%e7%b7%b4%e7%bf%92%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc

はじめてのコースは緊張していて、正直あまり覚えていません(笑)強いて言うならコースが傾斜で応用がきかなかったことが難しかったです。身体で覚える前段階だったので「この角度のときはどうするんだろう?」と一回一回、頭で考えていました。けれど夢中になるとつい追求してしまいたくなるタイプなので、コースに出たことにより、練習のモチベーションが更に上がりましたね!

 

私は10年ほどクラシックバレエを習っていたのですが、いずれも慣れるまでは頭で考えてしまいます。自然とできるくらい基礎を身に付けることが重要ですよね。バレエがゴルフをする上で生きていたり共通していると感じることはいくつもあります。

 

 

練習を1日サボると自分にわかり、2日サボると先生にわかり、3日サボると観客にわかる

%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99

 

バレエとゴルフのいずれにも言えることは、力まず、呼吸を止めずにリラックスしてやらないとうまくいかないことです。けれど実は頭の先からつま先まで神経を通わせ、数分で汗が滲み出るくらいハードな事をしているのですが。

 

そのくらい神経を通わせ、体幹と柔軟性を鍛えた上でようやく伸びやかで、しなやかで、大きな動きができるのです。

 

バレエでは「練習を1日サボると自分にわかり、2日サボると先生にわかり、3日サボると観客にわかる」と言われていました。

ゴルフも数日クラブを握らなかっただけで身体が上手く回らなかったり、以前できていた事ができなくなっていたりするので同じだなと感じますね。そのため、クラブに触る事が難しい時はストレッチや筋トレをするなど、毎日何かしらはする様に心がけています。このような話をすると「一体何を目指しているの!?」とよく言われますが、ただの趣味です(笑)

 

また本番の舞台やプレーでは一瞬でも弱気になったり邪念が入るとミスしてしまいます。これに関しては集中力と「できる」と信じ込む事が重要だというのが私の経験談で感じていることです。

 

 

3週間でスコアが30スコアアップしたときの練習方法

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%b9%ef%bc%92

 

そういえば自分のスイングをビデオに録画して、理想のスイングをしているゴルフプレイヤーとの映像と自分を比較して何が自分に足りないのか。どう修正すればいいのか検証したことがあります。

 

テクニック的な気付きやフォームを美しくするための動きが参考になった一方、明らかに身体の筋力が足りていないと思ったので身体づくりを始めました。日にもよりますが、1日20分から3時間ほどしています。これらを始めて3週間経つと、なんとスコアが30もスコアアップしたのです!

身体づくりって大事だなと実感しました。

 

 

ほのぼの楽しいタイのゴルフコースは初心者の方にもおすすめ

これからコースに出る方は平らなコースで芝の短いフェアウェイが広めにあるところがおすすめです。もしくはタイに旅行に来られたときにもぜひ!

 

タイはキャディーさんを1人に1人つかせることが多いです。全部のゴルフ場のルールなのかはわかりませんが、滞在して1年、毎月1度はリピートしているところもあるものの、コースに行っています。今まで行ったところはすべて1人のプレイヤーに1名のキャディーさんでした。

 

日本と違うのはボールもキャディーさんが探してくれてカートの運転もしてくれるので、プレーだけに体力が集中できるようになっている特徴があります。

 

なので体力の温存が日本のゴルフ場よりもしやすい環境になっているのですが、無理に焦ることも少なく、本気というより楽しんでやっている人が多い空気感をよく感じます。

 

旅行でタイに来られたゴルフプレイヤーさんは、ぜひ旅行と一緒にお気軽に楽しめると思いますよ。

 

 

これからゴルフを始める方へのメッセージ

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%b9%ef%bc%93

 

練習する時は、アレもコレも一度にマスターする事はなかなかできませんし混乱してしまうので、自分で「今日は◯◯」と決めて目的意識を持ってやると良いと思います。

目的意識なく300球打つより、ちゃんと考え集中して50球打つ方が、確実に意味がありますよね。ストレス発散で何も考えずパカパカ打ちたい時もありますが…(笑)

 

私は練習だけでなくコースに出る時も「今日は顔を上げない事を頑張る!」等とその日のテーマを一つ決め、例えスコアが悪くてもそれが出来ていれば良しとしています。それくらいの方が精神的にも余裕ができて楽しめます。打つ瞬間は真剣そのものですが、あくまでも楽しむ事が一番!

焦らず、楽しみながら、でも一つ一つ着実に。が上達への一番の近道かなと感じています。

 

 

梅田実沙さん プロフィール

1984年生まれ、埼玉県出身。

5歳からクラシックバレエとピアノを習う。

オーストラリアの大学を卒業後、英語と海外経験を活かしベンチャー企業、独立行政法人、製薬会社など様々な分野で働く。

夫の海外赴任により2015年よりタイへ。現在はタイでのんびりゴルフを楽しみながら、タイ語、フルーツカービング、タイ古式マッサージを勉強中。

 


ゴルフ場へ行こう

ゴルフライフを楽しむためのおすすめゴルフ場をご用意いたしました。

この記事を読んだ方におすすめの記事

▲ PAGE TOP